即日融資おすすめランキング!

キャッシングの一括返済方式について

 

キャッシングは言うまでもなく借金ですから、当然返さなくてはなりませんが、このキャッシングに関しては返済方法が他の目的ローンや一般的な借金と違い、かなり独特な方式をとっています。とは言っても、どこの業者でも同じようにしているわけではなく、中小規模の業者ですと店頭での返済や、毎月決まった期日での口座振替や引落しか行っていない所もありますが、大手クラスともなりますと、かなり多種多様な返済方式を採用していますので、大手の業者との契約を希望する際には、返済方法について、よく確認をする必要があります。

 

とは言え、キャッシングの返済方式の多くはリボ払いが基本であり、返済回数を多くすることで月々の返済額を小さくすることは出来ます。但し、キャッシングは借入限度額の範囲内で自由に借入と返済が出来るため、また新たな借入をしてしまいますと、毎月の返済額が変わらないまま、返済期間だけが延びて利息も増え、毎月の返済の負担が重くなってしまう恐れがあります。しかも借入を複数抱えていますと、どの借入に対する返済をしているのかわからなくなり、計画的に借入や返済をしませんと、最悪の場合、多重債務に陥ってしまう可能性もあります。

 

計画的に利用している限りはリボ払いでも差し支えないわけですので、数万円程度の小口の借入は、なるべく給料日やボーナスが出たとき等に一括返済していくのが理想的な形です。繰り返し借りる可能性があり、計画的に借入や返済を続ける自信のない人は、意識して小口の融資を受けて、すぐに一括返済するという形でのみ、キャッシングを利用されると良いでしょう。長期に渡って返済を続けるという形は、金利の低い目的のあるローン向のものであって、個人が使途自由なお金を少しづつ借り続けるという形には、元々向いていないからです。

 

また業者によっては、一括返済を1つの方式として採用している所もありますので、ここでは新生銀行グループの一括返済方式を例にとって、御説明しましょう。まず返済総額についてですが、これは利用残高に利用日数分の利息を足した金額ということになります。利息の計算は、新生フィナンシャルの公式HPの「お利息について」というページで確認出来ます。そして一括返済を希望する人は、返済したい当日に会員ページを見るか、フリーダイヤルに電話して頂ければ、幾ら返済すればいいのかわかるようになっています。

 

次に一括返済は端数まで揃えておく必要がありますので、硬貨の取り扱えるレイクのATM・コンビニ以外の三井住友銀行のATMか、新生フィナンシャルのweb返済サービスや、銀行振込で行うことも出来ます。これも同じく、新生フィナンシャルの公式HPの「提携ATMの御案内」というページで確認出来ます。一括返済のような臨時の返済は、指定された返済日の14日前からすることが出来るようになっていますので、覚えておいてください。先程お話したATMの他にも、セブン銀行やイーネット・ローソンの各ATMや、コンビニ以外のセブン銀行、その他の各提携銀行でも一括返済は可能ですので、是非活用して頂きたいと思います。