即日融資おすすめランキング!

キャッシングをするときに気をつけること

 

キャッシングという言葉は、今やすっかり社会に定着しているだけに抵抗感が薄くなっていますが、お金を借りる借金であることに変わりはありません。そこでここでは、このキャッシング=借金をする際にきをつけた方がいいことについて、お話していきたいと思います。

 

キャッシングの際に特に気をつけた方がいいのは、自分の収入に対し、返済による支出が懐具合を圧迫しない範囲で、お金を借りるということです。また初回の申込の際には、基本的な個人情報の他に、他社からの借入があれば、その件数と借入総額及び残高等について、記入ミスや故意に虚偽の記入をすることがないようにしてください。その他、同時に複数の業者に契約と融資の申込をしますと、自分たちの融資したお金が、他社への返済に使われるのではないかと誤解される恐れがありますので、決して行わないようにしましょう。また十分気をつけていても、借りたい金額と返済可能な金額とが、一致しなくなってしまう可能性は常にあります。そこで大体の目安として、月々の返済が月収の1割以内におさまるようにすると、その危険性を高い確率で回避することが出来ます。

 

キャッシングは、元々個人向の短期の小口の融資ということで考えられたもので、金利も他のローンと比較すると高めとなっています。ですので融資を受ける目的は、結婚式や同窓会等の臨時のイベントのための借入等に限定に、多くても10万円程度の借入額に止めておく、というふうに決めておくことをお勧めします。信販会社や消費者金融のキャッシングには、年収の3分の1以上は借りられないという総量規制がありますから、もし他社からの借入残高と新たな借入希望額の合計が、年収の3分の1を越えてしまいますと、新たな借入をすることは出来ませんので、借入額の見直しをするか、新たに借金をすることより、今までの借金の清算を考えられた方がいいと思います。

 

そして融資を受ける業者を選ぶ際には、融資額限度額・金利・返済方法等について、他者の条件とよく比較して確認することが大切です。出来れば地方や地元にしかないような、よく知らない業者よりは、テレビでCMをやっているような、大手の経営の安定した資金力のある業者を選ぶと良いでしょう。しかし審査の結果によっては、その大手の業者の融資を受けられないことになりますが、その場合でも、すぐ別の業者に申し込めば、信用情報機関のデータに残らずに申し込むことが出来ます。

 

但しその場合でも、中規模業者でも名の通ったネット広告でよく見かけるような、口コミでも評判のいい業者を選んで申し込むようにしてください。メール・電話・チラシ・ダイレクトメールだけで勧誘してきたり、スポーツ紙や雑誌に広告を載せて勧誘してくるような業者は闇金か、それに順ずる悪質業者である可能性が高いので、そういう勧誘をしてくる業者には、決して申し込まないようにしてください。