即日融資おすすめランキング!

キャッシングとカードローンの比較について

 

銀行や信販会社或いは消費者金融のカードローンとキャッシングは、今では大体同じようなものだと考えられていますが、元々は全く違うものでした。キャッシングは、主に信販会社と消費者金融によって行われているもので、基本的には、個人が短期で借りる小口融資のに該当します。信販会社の方のキャッシングは、クレジットカードに付帯している融資機能なのですが、元々は多額のお金を持ち歩く危険を防ぐための、トラベラーズチェックの進化したものだと言われています。

 

既にクレジットの機能だけでショッピングは出来るのですが、同じカードに付帯しているキャッシング機能を、ショッピングのためのクレジットと併用することも出来ます。キャッシングは、個人向けの小口の融資と考えられていますから、返済方法としては基本的に翌月一括払いが基本となっており、キャッシングのみを行うリボ払いの専用カードとは、明確に分けられています。ですから、クレジットカードでキャッシングを行いたい場合は、短期・小口・一括返済が原則と考えれば間違いないでしょう。

 

一方、消費者金融の方のキャッシングは大手ですと、1万円から数百万円まで借りられる業者が多くなっており、返済方法も残高スライド式のリボ払い等を採用する所が殆どとなっており、カードローンとの区別が難しくなっています。但し銀行のカードローンよりは、若干金利が高めになるため、出来る限り、予定より早めに返済した方が利息の支払が負担にならない内に、完済することが求められます。また信販会社と消費者金融いずれのキャッシングも、年収の3分1以上は借りられない総量規制というものがありますので、くれぐれも借りすぎには注意して頂きたいと思います。

 

カードローンの方は、今は大手銀行の傘下にある大手の消費者金融でも行われていますが、主に銀行によって行われているローンで、借入可能な額は銀行によって数10万円から借りられる所から、大口の数百万円まで借りられる所まで様々です。返済は長期に渡ることが多いため、分割のリボルビング払いで返済するようにしている所が多くなっています。銀行のカードローンは総量規制の対象外であり、金利も低めですが、信販会社や消費者金融よりは審査が厳しい傾向があります。

 

銀行のカードローンでは銀行の口座を利用する場合は、カードローン専用口座と銀行の普通預金の口座に分かれることもありますが、銀行引落の返済方法にしますと、普通預金の口座から引き落とされることになっています。多くの場合、残高スライド式のリボ払いが、返済方法として採用されています。借入限度額内で自由に借りられるため、借入と返済を繰り返していますと、金利負担がかさむ可能性があるため、計画的な借入と返済をすることが求められます。消費者金融にも信販会社にも、カードローンが出てきていますから、どのカードローンを選ぶかは、普段どのような借り方をしているかで、決めるとよいと思います。

 

最後にまとめますと、カードローンは使途無制限・リボ払い・無担保の金融商品、キャッシングは使途無制限・無担保・翌月一括返済の金融商品ということなのですが、申込方法も返済方法も似通っており、近年はその傾向が加速しているため、借入限度額の多い少ない以外では、区別が難しくなってきているのが実情です。