即日融資おすすめランキング!

キャッシングとクレジットの比較について

 

キャッシングとクレジットは、どちらも私たちの生活に馴染みの深いものですが、その違いとなると、意外に知っているようで知らないことが多いのではないかと思います。そこでここでは、この2つのシステムの比較をしながら、その違いを探っていきたいと思います。

 

キャッシングは主に消費者金融、クレジットサービスは信販会社が提供しているサービスですが、この2つの違いはサービス・イメージ・申込と審査・金利・借入限度額・借入方法・返済方法の7点から探ることが出来ます。キャッシングの機能はクレジットカードに付け加えることも出来ますが、1枚のカードでショッピングとキャッシングの両方が出来るという意味では大変便利です。この場合のキャッシング機能は、ショッピングのクレジット機能のサブ的な立ち位置になるのですが、だからと言ってクレジット機能に比べて劣る等ということは、決してありません。

 

またクレジットカードにキャッシング機能をつけますと、カードによっては海外に行っても現地のレートでキャッシングが出来たり、利用金額に応じてポイントのポイントの付与、或いは新規入会時のキャンペーンでポイントが付与されるといった特典もつきます。またキャッシング機能がついていることによって、日常の買物で両方の機能を併用することも可能です。そしてよく言われるのは、イメージとして、消費者金融よりも抵抗感なく利用出来るというのも大きいと思います。スーパー等で買い物をしていても、クレジットカードで買っている人はよく見かけます。

 

クレジットカードは、18歳以上で安定したした収入があれば申し込むことが出来、店頭・郵送・ネットのいずれかで申し込むことが可能ですが、カードが届くまでに日数がかかり、キャッシング機能をつけても即日融資は難しいのが実情です。また消費者金融と比較するとやや審査が厳しく、学生・主婦・フリーターに関しては、借入限度額が低いのがデメリットと言えばデメリットです。その他の利息の算出方法や、借入方法・返済方法については特に違いはありません。

 

一方の消費者金融は、信用を担保にお金を貸す貸金業をメインの事業としており、無利息期間のサービスを実施している業者もあります。また大手の消費者金融は、現在では大手銀行の傘下にあるか、業務提携をしている業者が多くなっているので、資金力もあり健全な経営が行われています。また信販会社と比較しますと申込や審査がスピーディで、最短では1時間もかからないこともあり、即日融資も十分可能です。審査も銀行や信販会社ほどキツくないと言われています。申し込みも、店頭・ネット・郵送・電話の他、無人の自動契約機でも申し込めます。また個人の小口の融資を念頭に置いているため、銀行や信販会社より金利は高めになっていますが、借入限度額も女性向けのキャッシングを除いては、割りあい高めに設定されています。借入や返済は提携しているATMが多く、ネットの振込サービスもあるので、とても便利です。