即日融資おすすめランキング!

キャッシングは借金ということを覚えておこう!

 

近年はキャッシングでも、普通に預金口座からキャッシュカードでお金を下ろすように、キャッシングカードを使ってコンビニや銀行のATMでも、キャッシングが出来るようになったため、キャッシングを通常の預金と同じように考えてしまう利用者が増えてきています。また返済方式をリボルビング払いにしますと、新たな借入を繰り返しても毎月の返済額が変わらない場合もあるため、借入額に比例して返済額の増減があるような返済方式や、他のローンの支払等と比較して、返済する負担は変わらないのに、返済が楽なように錯覚をしてしまうのだそうです。

 

ですので、返済額や利息の負担が重くなっているのに気付かず、いつの間にか預金口座のように利用してしまい、その結果返済困難に陥るケースもあるとのことです。利息は金利の相場や借入期間の長さによって変わるものですが、返済期間が長期化しますと利息の支払ばかりになって、いつまでも元金の残高が減らないということになってしまいます。キャッシングには借入限度額がありますから、返済を終えないまま借入を繰り返していますと、いずれはその会社からは借りられなくなります。

 

それではいけないと思って、そこで借入をストップし返済に重点を切り替えられる人はいいのですが、それが出来ない人は別のキャッシング会社からも新たな借入をしてしまい、同じ悪循環を繰り返した末に、多重債務になって経済的に破綻してしまうこともあります。キャッシングはあくまでも借金ですから、それを忘れずに計画的な借入を返済が出来れば、全く何の問題もないのですが、キャッシング自体に抵抗感がなくなったことで、借金だという感覚が薄れてしまう人もいます。これはキャッシングという片仮名言葉によって、本来の意味を忘れてしまうということもあるかもしれません。

 

ですからキャッシングを利用する際には、借入を1度したら完済するまでは次の借入はしないと決め、そのルールを厳守するように心がけることが大切で、そうして自分の欲や無計画さを抑制することで、正しいキャッシングの活用が出来るようになるのではないでしょうか。どうしてもそれが出来ないという人は、思い切ってキャッシングを止めてみるか、自分の過去の借入履歴を見て、自分の借入傾向を客観的に分析することで、どうしたら健全なキャッシング利用が出来るのかを、考えてみると良いと思います。抽象的な概念よりは、より具体的な数字の方が説得力を持つ場合もありますから、ショック療法的に自分のあり方を眺めてみるというのは、とても有効な方法だと思います。

 

私たちは、もしキャッシングを利用していなかったとしても、様々な形で借金をしています。例えば車や住宅のローンの支払いや、家電の高価な買物をしたとき等の分割払い、ケータイやスマホの毎月の支払いでも、電話機本体の代金を分割にして支払っている場合は、それも借金の返済の一環になります。毎月キチンと支払わなければ電話が使えなくなってしまいますから、やり繰りをしてでも支払いをしようと思うはずです。それと同じように、キャッシングの返済もキチンと行わなければ、自分の生活を圧迫していくものなのだということを、自覚することが大切であると思います。