即日融資おすすめランキング!

キャッシングを利用する理由について

 

キャッシングを利用する人は、申込や借入・返済手続きがしやすくなったことや、人に知られずに誰でも気軽に利用出来るようになったためか、年々増えてきていますが、その理由にはどんなことが上げられるのでしょうか。その理由を他の具体的なデータや、昨今のキャッシング事情も交えてお話していきたいと思います。

 

まずキャッシングの利用者人口は、現在約1200万人居ると言われていますから、約10人に1人は利用しているということになります。今の日本は長らく不況が続いており回復の兆しも見えないことから、キャッシングの利用者は、これからまだ増えることも予想されます。また利用者の割合は男性7に対し女性3の割合と言われ、以前は男性ばかりだったのが女性の社会進出や、女性専用のキャッシング会社、或いは女性専用のキャッシングの申込窓口で、女性スタッフが対応するサービスを提供する会社も増えてきているため、女性の利用者も増えつつあります。いずれ男性6に対し、女性4の割合になるのではないかとの予測もあります。

 

また近年は、人気タレントや俳優のCM起用や無人契約機の設置、ネット申込やコンビニや銀行のATMでの返済・ネットバンキング等の、秘匿しやすい返済方法の設定等の利便性の向上により、若者の利用者も増えています。その結果、特に20代の若者の利用者が増えたため、400万円以下の年収の利用者の割合が高くなっているのだそうです。若者は新しい物やサービスに対する購買意欲が高いですし、独身であれば休日は遊びたいという欲求も強いので、そのためにキャッシングを利用するケースもあるようです。その欲求を満たしたいかどうかによって、借金をするかしないか、するとしたらどの程度借りるかということも決まってくると思われます。

 

これらの利用者がキャッシングを利用する理由ですが、これは生活費の補填や給料日までのつなぎ、イベントや旅行等の交際費が多いというデータがあります。ドラマや映画の影響のためか、ギャンブルや遊興費のためというイメージが強いキャッシングですが、実際はそれほど多くないそうです。キャッシングも、個人の短期の小口の融資ならば、会社のサービス内容によっては、無利息で完済することも可能ですが、1度利用するとクセになって、返済のために新たに借りようとして審査で落ちたり、多重債務になってしまう人もいるので、楽しみのために借りるというのは避けた方が良いと思います。

 

利用する理由をもう少し具体的に申し上げますと、教育費・ショッピング・事業資金・他のローンの返済・本人又は家族の病気や怪我のため・ギャンブルや遊興費・借金の保証人や肩代わりをするため・結婚式・同窓会・パーティ・旅行等があげられます。中には好ましくない理由もありますが、現実には利用してしまっている人がいるということです。キャッシングは先程もお話したように、基本的には個人向けの短期の小口の融資として考えられているため、平均して利息は高めであり、借金が慢性化或いは長期化しますと、利息も含めた負担が重くなり、返済が困難になる可能性もあります。キャッシングを利用する理由は、事前にハッキリ決めておき、計画的に返済していくことが大切です。